美容師はヘアデザイナーとも呼ばれます。

美容師は、大分前から女性の職業のメジャーなものとして知られてきました。仕事内容は色々あります。ヘアを扱う技術としてはお客さんが望むものを作り上げ、それに自分のセンスをプラスしていくこと以外に、着付けやマニキュア、それからメイクアップなどの技術が求められます。今現在ではセンスに注目が集まっており、ヘアデザイナーとも呼ばれています。全国的には約40万人の方が美容師として仕事に就いています。最近ではサロンに勤務するのが主で、約6割の方が従業員4人以下のサロンで働いています。それと、テレビ局や雑誌の撮影現場、それから結婚式場のサロンで働く方もいます。サロンに勤務しながら技術を覚え、大体5、6年ほどで一人前と言えます。腕が上達すると指名客も増え、給料にも影響してきます。免許を持っている方のほとんどが女性になりますが、近頃は免許を持っている男性の方も数が上昇しています。法律で、常に2人以上いるサロンは管理美容師がいなければならないと定めてあります。