ヘアデザイナーとも言われる美容師

美容師は以前から女性の仕事の代表として挙げられてきました。ですが、仕事内容は複雑です。髪に関わる技術にはお客さんの要望に答え、そして自分のセンスも加える他にマニキュアや着付け、それからメイクアップなどの技術も必要となります。今ですとセンスにフォーカスが当てられ、ヘアデザイナーとも言われています。日本全国には約40万人もの方が美容師として仕事をしています。初めはサロンに雇われて働くのが普通で、約6割の方が従業員数4人以下のサロンで働いています。また、結婚式場のサロンやテレビ局、それから雑誌の撮影現場などで活躍している方も中にはいます。サロンで働きながら技術を習得し、5、6年で一人前になると言われています。技術の腕がアップすると担当客数も増え、給料も上がります。免許を取った方の大体が女性ですが、ここ最近ですと男性の数も増えています。法律で常時2人以上常にいるサロンは、管理美容師を置かなければならないと決められています。